BCAAの効果

BCAAの効果とは?現役トレーナーが体験談を口コミ!

 

BCAAは、筋肉をつくる為に効果があると言われているアミノ酸です。「Branched Chain Amino Acids」の頭文字からきています。バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸の集まりで、人の筋肉中のタンパク質を構成するアミノ酸の約35%はBCAAだと言われており、筋肉の生成に関わっている割合はとても高いのです。

 

食物のタンパク質を構成している必須アミノ酸の半分がBCAAで、タンパク質が分解されることでBCAAになると言っても言い過ぎでは無いかも知れません。

 

BCAAの効果とは?

タンパク質の原料となるBCAAは筋肉を増やす為に効果がある成分です。つまり、筋肉の分解を抑える効果や筋肉の修復を助けてくれる効果があります。運動をすると筋肉中のタンパク質が分解されてしまいますが、BCAAを摂取すれば血液中のBCAA濃度がアップします。それによって筋肉中のタンパク質の分解量が減るので、運動する前にBCAAを摂取することで筋肉の分解を抑えてくれるのです。

 

また、BCAAを一部であるロイシンは膵臓からインスリンの分泌を促進します。その為、筋肉の合成が促進されて、BCAA、特にロイシンが筋肉の合成に効果があるのです。またロイシンを摂取することで体内でHMBがつ生成されます。

 

しかし、ロイシン20gに対してHMBはたった1gしかつくられません。HMBがBCAAの20倍の効果があるという訳ではないのですが、筋肉を増やす為にはHMBが非常に効果的だと言われており、そのHMBを生成するために必要なのがBCAAです。

 

プロテインでいいのでは?と思うかも知れませんが、プロテインよりも消化吸収が早くて胃腸への負担が軽いので筋トレ前や筋トレ中の摂取に適しています。一般的にプロテインよりも効果だというネックがあるので、両者をバランス良く使い分けるのが理想だと思います。

 

BCAAを飲むベストなタイミング

BCAAは消化吸収がプロテインよりも早いので、運動する30分〜45分前にに飲むのがベストです。人によって様々ですが、トレーニング中に飲む人やトレーニング後に飲む人もいます。血中のBCAA濃度が最大になるのが摂取してから1時間後で、そこから段々と低下していきます。なので、トレーニング中は1時間おきに飲んでいるようなストイックな人も少なくありません。

 

また、私のように年中いつでもBCAAを飲んでいる人もいると思います。本当は運動前に飲むのが良いのですが、カロリーがプロテインよりも少ないのと、胃腸の負担がなく吸収が早いのでたくさん飲んでも問題ないでしょう。

 

HMBだけでなく、BCAAも含まれているメタルマッスルHMB。トレーニング前やトレーニング中に飲む事で筋トレのパフォーマンス向上・筋力増大効果が期待できます。

 

⇒BCAAも含まれているメタルマッスルHMBの詳細!