クレアチンの効果

クレアチンの効果とは?現役トレーナーが体験談を口コミ!

 

クレアチンは多くのオリンピック選手やボディビルダーに親しまれています。データによると、オリンピックアスリートの約80%の人がクレアチンを摂取しています。効果は抜群で、信頼性が非常に高いのです。今回は、クレアチンの効果について解説していきます。

 

ATPの再合成

筋トレの際に筋肉を動かすエネルギーが必要ですが、そのエネルギー源となっているのがATP(アデノシン三リン酸)という物質です。ATPは利用されることでADP(アデノシン二リン酸)という物質に変化します。しかし、ADPは筋肉を動かすエネルギー源としての働きはないのです。

 

クレアチンはADPをATPに再生してくれる効果があります。よって、筋トレやスポーツの向上に大きな効果が認められています。
その結果、次のような効果が得られます。

 

パワーアップ・パフォーマンスアップ

ATPが再合成されることで、筋トレやスポーツのパワー・パフォーマンスが向上します。今まで100kgのベンチプレスが5回しか上がらなかった人が、少しずつ回数が増えたり、水泳や陸上短距離などのタイムが上がるのです。そういった理由からアスリートたちがクレアチンを愛用するのです。常に筋トレをする人たちは、1回でも多く筋肉を追い込むことが大切。質の高いトレーニングをすれば、それだけ筋肉が大きくなるのです。

 

バテにくい体になる

先ほどの解説と似ていますが、エネルギー源が枯渇しにくくなる為、筋トレ中にバテにくい体になります。クレアチンを飲む前に1時間トレーニングをしてバテていた人が、更に30分頑張れば筋肉もそれに比例して大きくなります。クレアチンを摂取すれば、より高い強度でトレーニングできるでしょう。

 

疲労の軽減

ATPがエネルギー源として使い切ってしまうと、筋肉が分解されてエネルギー源として使われてしまいます。すると、筋肉が減るだけでなく筋トレ後の疲労感も増してしまうでしょう。クレアチンを摂取したことで、ADPが再利用されると分解される筋肉量が減って、疲労感を減らしてくれます。更に、疲労の原因と言われている乳酸を分解してくれるので、クレアチンを摂取することは疲労の軽減に効果があると言われています。

 

除脂肪体重の向上

除脂肪体重とは、脂肪を除いた体重のことです。骨格や内臓の重さは変化しないので、除脂肪体重が増えるのは筋肉が増えたということです。体内では筋肉中に存在しているクレアチン、筋肉に水分が吸収しやすくなります。その為、除脂肪体重の増加に効果があります。更に、水分と栄養素が一緒に筋肉中に吸収されるので筋肉の生成に大きな働きがあるでしょう。

 

記憶力・学習力の向上

脳や神経細胞の中にも存在しているクレアチン。摂取することで記憶力や学習力の向上があると言われています。ATPは脳のエネルギー源にもなりますので、クレアチンを摂取すれば、脳の働きが活発になることが期待されています。

 

クレアチンの効果まとめ

以上のように様々効果が期待できるクレアチン。筋トレする人にとってどれも非常に魅力的に思えることでしょう。クレアチンのサプリメントを飲むのも一つの方法ですが水に溶けないクレアチンは飲むのが面倒なのがネック。メタルマッスルHMBにはクレアチンも含まれていますし、HMBと一緒にクレアチンを摂取するとその効果が高まるとも言われており、大きな効果が期待できます。

 

クレアチンの効果をさらに得たいのであれば、HMBサプリと合わせてクレアチンのサプリも飲むと良いでしょう。ディープチェンジクレアチンの口コミも参考にしてみて下さい。