HMBの効果

HMBの効果とは?現役トレーナーが体験談を口コミ!

 

HMBは、アミノ酸の一種であるロイシンを摂取すると体内で生成される物質です。 正式名称は『β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸』といいます。 このHMBには、運動で筋肉が分解してしまうのを抑えたり、筋肉が合成するのを促進したりする効果があります。

 

HMBが発見されたのは1996年で、日本で販売が解禁されたのは2010年であることから考えると、プロテインやクレアチン、BCAAに比べて遥かに歴史が浅いといえるのですが、その効果の大きさから多くのボディビルダーやアスリートに人気があるのです。

 

HMBの効果とは?

先述のように、HMBには運動によって筋肉が分解するのを抑える効果と、筋肉が合成するのを助ける効果があります。例えば、運動の際には、筋肉中のタンパク質が分解され、エネルギー源であるATPを作るために使われてしまいますが、その使われる割合を少なくすることで、結果として筋肉の分解を抑えることになるのです。

 

また、筋トレで筋肉が大きくなるのは、分解してしまった筋肉がより強く、大きくなって再生するからだということも知られています。 HMBにはその筋肉の再生をサポートする働きがあります。これ自体が筋肉の原料になるというよりは、筋肉を再生するためのスイッチとしての役割を果たすと思って頂ければ良いでしょう。HMBが筋肉を増やすために効果的だということは、臨床実験でも確認されています。

 

HMBの適切な摂取量は?

臨床実験によると、筋肉量の増加が一番認められたHMBの摂取量は1日3g。それより少ないと効果が薄くなってしまうのはもちろんのこと、多すぎても逆効果になってしまいます。 例えば、メタルマッスルHMBに含まれているHMBでいうと6粒で1600mgです。これを使ってより早く結果を出したい方なら、HMBの摂取量が3gを超える限界である11粒を摂取してHMBの効果を最大限に得るのも一つの方法でしょう。

 

6粒で1600mgなので12粒だと3.2g。11粒だと2.93gになるので、サプリメントの消費を抑えるためにも12粒よりは11粒の方が良いように思われます。微妙な数ですし、メタルマッスルHMBの内容量は180粒なので1ヶ月で1袋のつもりだとすぐにサプリメントが無くなってしまいます。なので基本的には6

 

HMBを摂取するのに適したタイミングは?

HMBを摂取するのには、運動前、運動中、あるいは運動後が良いと言われています。メタルマッスルHMB場合は、BCAAやフェヌグリーク、バイオペリンなども含まれているため、運動前か運動中の摂取がメーカーからの推奨です。

 

個人的な体感としては、運動の30分前くらいの摂取がベスト。もちろん飲み忘れてジムに行ってから気がつく時も、トレーニングの途中で気がつく時もあります。このように、毎回運動30分前に飲めている訳ではないのですが、運動の30分前に飲んだ時が一番調子が良いような気がしています。

 

なお、運動をしない日であれば食後の摂取がベストでしょう。食事と一緒に吸収することで、吸収効率がアップするのです。出来るだけ小分けにして摂取できればなお良いのですが、それが難しそうであれば、夜にまとめてでも構わないでしょう。

 

他のサプリメントに比べてHMBの配合量が多いメタルマッスルHMB。それ以外の筋トレサポート成分も豊富に含まれているので、筋肉を大きくしたい人にはイチオシのサプリメントですよ。

 

⇒メタルマッスルHMBの詳細を解説したTOPページ